一人暮らしで節約しながら楽しく暮らす

一人暮らしで上手に自炊するコツ、紹介します

一人暮らしは自由で気楽な反面、何かとコストがかかりますよね。

 

特に食事は、一人分だけ作るのも面倒だし、以外と高くついちゃったりして、結局はファーストフードやコンビニの弁当を買った場合とほとんど出費は変わらない、なんてことになりがち。

 

そんな一人暮らしの食生活を節約するコツを紹介します。

 

まず食材の買出しですが、一人暮らしの場合は食材を買ってきてもすぐに傷んでしまって、結局捨てるはめになることもありがちです。

 

キャベツやジャガイモ、タマネギ、にんじんなどはわりと日持ちするからOKとして、
ほうれん草や小松菜、もやしなどはすぐに傷んでしまうのでどんなに特売で安く売っていても、
欲張って買いすぎないように注意しましょう。

 

お肉類は、これもまた特売なんかしてるとついついまとめ買いしたくなっちゃいますよね。
まとめ買いしたお肉は、その日に使うぶん以外は小分けしてラップできっちり包み、
タッパーに詰めて冷凍保存します。
くれぐれも、買ってきたままのパックのままで冷凍庫に放り込まないように気をつけてくださいね。
(すぐに劣化して美味しくなくなります)

 

この「タッパー」ですが、できれば容器がガラスのタイプ(フタはプラスチックでもOK)をオススメします。
匂い移りもないし、とても丈夫です。
こうしておけば、後日使いたいぶんだけ取り出して使うことができて便利です。

 

次にご飯ですが、一人暮らしの場合はレンジでご飯が炊ける炊飯容器がオススメです。
1合〜2合炊きのプラスチック製の商品がよく出回っていて、10分少々で炊き上がります。
食べ残したぶんはそのまま冷蔵庫へ入れておき、食べるときにまたレンジで温めなおせばOK。
炊飯ジャーで保温した時のような変色や匂いもありません。

 

次に調味料ですが、よく「○○の素」みたいなものを売ってますが、できればこういうものは買わずに
自分で1から作ったほうが格段に節約できます。
最近はcook padのような巨大レシピサイトもありますので、
自分が作りたいもののレシピはたいがいここを見れば見つかります。

 

ですので、最低限の調味料(?油、塩、砂糖、みりん)を揃えておき、あとは可能ならば粉末のだしやスープ、
豆板醤、ウエイパーなどの中華系の調味料も買っておけば大丈夫です。

 

最後に、料理や飲み物を作るときに使う「お水」です。
お水の美味しい地域に住んでる人はラッキーですが、都会に住んでいる場合はそうもいきません。
水道水を直接使うのも別に悪くはないですが、やっぱり浄水器を通した水のほうが美味しいし、安心です。

 

ミネラルウォーターをいちいち買っていると非常に不経済ですので、ここは家庭用浄水器をオススメします。
家庭用浄水器だと「クリンスイ」や「ブリタ」あたりが有名どころでしょうか。
料理やコーヒー、お茶などに毎日使うお水だからやっぱり美味しいほうがいいですよね。

 

なるべく廃棄食材を出さなくて済むように考えて買い物(その後に保存)をして、
要領よく自炊するのがコスト節約のカギです。
どれもわりと簡単に実行可能なことばかりなので、よければ一度お試しください。

 

増大させるためには何が効果的か?

 

ペニスの小さな男性にとって、
「ペニスを大きくしたい」
ということは、永遠の夢とも言えるものではないでしょうか。

 

ペニスが大きければ、もう銭湯などでも劣等感を感じずに済みますし、
セックスの際にも、女性をきちんと感じさせることができます。

 

そこでペニスを大きくするためにはどのような方法があるのか、
ここでまとめてみましたので、参考にしていただけましたら幸いです。

 

増大術

 

増大術は、ペニスを大きくするためには、
現在最もポピュラーな方法だといえると思います。
専門クリニックで手術をすることにより、
ペニスを2〜5cm大きくすることができると言われています。

 

ただ手術のためには費用もかかりますし、
術後は1週間ほど痛みが続き、1ヶ月ほどはセックスもできません。
また手術に失敗し、ペニスが勃起しなくなったり、快感を感じなくなったりのリスクがあります。

 

トレーニング

 

「ペニスが増大できる」と称するトレーニング方法が、
ネットを検索すると色々と出てきます。
トレーニングによってペニスが増大できれば、費用もかからず、失敗のリスクもありません。

 

ただトレーニングによって本当にペニスが増大するのかは、本当のところは分かりません。
もしトレーニングしてもペニスが大きくならなければ、
トレーニングにかけた時間はムダになってしまいます。

 

サプリメント

 

最近になり、「ゼファルリン」など、サプリメントを服用することで
ペニスを増大することができるようになっています。
ゼルファリンは、認可されたのが数年前なので、まだ増大法として知名度がありませんが、
「たしかに効果がある」と評判になっています。

 

サプリメントを服用するだけなので時間もかかりませんし、
副作用もありませんので、リスクの心配もありません。
ゼルファリンは、10センチ以上ペニスが大きくなる例もあるといいますから、
ペニス増大を夢見る人は、試してみるといいかもしれませんね。

 

人気増大サプリの効果は? ゼファルリンを飲んでみました

 

包茎だと病気になりやすい?

包茎は、仮性包茎でしたら病気とは言えません。
仮性包茎は性交も正常に行うことができ、生活に大きな支障をきたすことはありません。

 

ただ仮性包茎が原因となって、別の病気になることがあります。
包茎だと、仮性包茎であっても、包皮が亀頭を覆った状態になります。
すると「恥垢」と呼ばれる尿のカスなどが包皮と亀頭のあいだに溜まり、そこに細菌が繁殖することになるからです。

 

最悪の場合、陰茎ガンなどに発展する場合もありますので、包茎の人は、陰茎を常に清潔にしておく必要があります。

 

 

包茎の人がかかりやすい病気

 

亀頭包皮炎

 

亀頭包皮炎は、包茎の人がかかりやすい代表的な病気です。
恥垢に繁殖した細菌によって、包皮に炎症が生じます。

 

症状としては、包皮や亀頭が赤くなって腫れたり、痛みや痒みを生じたりします。
ひどくなると排尿時に痛みを感じることになったり、膿みが出たり、さらには排尿自体が困難になることがあります。

 

亀頭包皮炎は放置すると、閉塞性乾燥性亀頭炎や二次的包茎、陰茎ガンなどになる確率が高まりますので注意が必要です。

 

亀頭包皮炎は、陰茎を清潔にすることで防ぐことができますが、あまり何度も再発するようなら、包茎手術を検討した方がいいかもしれません。

 

 

閉塞性乾燥性亀頭炎

 

亀頭包皮炎が慢性化することにより、亀頭先端の皮膚が白く、また硬くなってしまいます。
これが尿道の内部にまで及ぶと、排尿困難となり、治療に手術が必要となる場合があります。

 

 

尿路感染症

 

恥垢に繁殖した細菌が、尿道に侵入し、さらに膀胱、尿管、腎盂などの尿路に炎症を起こすことがあります。
それにより、膀胱炎や腎盂腎炎などを発症することとなり、痛みや排尿困難などを伴います。

 

 

陰茎ガン

 

陰茎に発生するガンで、男性のガン全体から見ると1%程度の比較的低い発症率ですが、包茎の男性に多く発症するのが特徴です。

 

陰茎ガンは「乳頭状増殖型」と「潰瘍浸潤型」の2種類があり、乳頭状増殖型の陰茎ガンは、カリフラワー状の腫瘍が陰茎に発症します。
また潰瘍浸潤型の陰茎ガンは、陰茎の内部に潰瘍が発症し、排尿困難などの症状を伴います。

 

陰茎ガンは初期は自覚症状が少ないため、診察を恥ずかしがるなどの理由で診察が遅れると、早期発見のチャンスを逃すことになりかねません。
少しでも異常を感じたら、すぐに泌尿器科を受診することが必要です。

 

包茎手術は専門のクリニックでするのがオススメ

包茎は、手術で治すことができます。
特に真性包茎・カントン包茎の場合には、日常生活に支障をきたすことになるため、手術費用は健康保険が適用され、ごく安い料金で手術をすることができます。

 

健康保険の適用を受ける際には、病院の泌尿器科などで手術を行うことになりますが、実はこれは、あまりオススメできません。
病院で包茎の手術を受けると、跡が残ってしまう可能性が高いからです。

 

跡が残るのは絶対に許せない!という時は、有名な増大サプリのゼファルリンなどを試してみるのもよいでしょう。

 

 

病院は見た目を気にしない

 

病院が包茎の手術を行うのは、
「包皮が亀頭を覆ってしまっている」
という状態を、機能面で改善することが目的です。
包皮を亀頭が覆ってしまった状態では、正常に性行為を行うことができない。
だからその状態を機能的に改善し、包皮が亀頭を覆わないようにすることで、性行為を行えるようにしようというわけです。

 

ですから病院で包茎手術を行うと、どうしても手術跡が残ってしまいがちになります。
病院はあくまで機能面での回復が目的で、見た目を気にしないからです。
中には手術跡がケロイド状に腫れ上がり、大変醜い状態になってしまうこともあるといわれます。

 

しかし包茎手術は、ただ機能的に包茎が解消されればいいというものではありません。
性交時には、女性に陰茎を見られることになるわけですから、陰茎の見た目も大切です。
病院で包茎手術を行い、醜い跡が残ってしまうことにより、かえってその後、性交を十分できなくなる男性も少なくないといわれています。

 

 

専門クリニックは手術跡を最小限にする

 

ところが専門クリニックで包茎手術を行えば、醜い手術跡が残ることはまずありません。
専門クリニックは、
「手術後の見た目も重要」
と考えているからです。

 

専門クリニックの多くは、美容外科の技術を習得しています。
美容外科で、顔にメスを入れる際、手術跡が残ってしまっては意味がありません。
ですから美容外科医は、手術跡が残らないよう、細心の注意を払います。

 

包茎手術も同じことで、専門クリニックでは手術跡が目立たないよう、切る位置を工夫したり、縫合の方法を改善したりしています。
そのためよっぽどよく見ない限り、包茎手術のあとは他人からは分からなくなります。

 

ただ美容外科には、健康保険が適用されません。
ですから手術の費用は、病院にくらべれば多少高額にはなりますが、専門クリニックを選択する余地は、十分あるといえるのではないでしょうか。

 

包茎手術と一口に言っても、かなり勇気がいります。
失敗のリスクも考えただけで怖いです。

 

そこまで深刻な包茎でないのであれば、
ゼファルリンなどの増大サプリメントを試しに飲んでみるのはどうでしょうか?

 

多少値段は張りますが、メスを使わないのでその分安心できます。

 

ネットでも、「ゼファルリンを飲んだら大きくなった」といった口コミも多数寄せ垂れているようです。

 



このページの先頭へ戻る